画像
画像
画像
画像

赤ちゃんの体と乳酸菌の関係

赤ちゃんはお腹の中にいるときから、乳酸菌に守られているように存在しています。
そして産まれてくるときもやはり、乳酸菌に守られるようにして出てきます。
お腹の外に出てくると様々な菌がそこここにあるわけですが、それでも赤ちゃんが無事でいられるのは、こうして乳酸菌に守られて出てくるからなのです。

乳酸菌に守られるようにして産まれてきた赤ちゃんですが、まだ腸内は無菌状態です。
しかし、呼吸をし始めると空気中に存在している様々な菌を吸い込むことになります。
そうして色々な菌に感染していくことで、免疫力をつけていくわけです。

そんな時にとても重要な働きをするのが、母乳です。
赤ちゃんは母乳を飲むことで、無菌状態だった腸内に善玉菌を定着させます。
母乳で善玉菌を定着させることによって、色々な菌に対抗できるようになるのです。

しかし、お母さんの腸内にそもそも乳酸菌が少ない状態ですと、母乳も乳酸菌が少ない状態になってしまいます。
そのため、赤ちゃんの腸内に充分な乳酸菌が定着しないことにもつながってしまうのです。
そして乳酸菌不足は抵抗力が弱くなってしまうだけでなく、アトピー性皮膚炎やアレルギーなどの原因になることもわかっています。
ですから、赤ちゃんにとってはお母さんの母乳から乳酸菌を充分にもらうことは、とても重要なことなのです。

赤ちゃんに充分な乳酸菌を与えるためには、まずはお母さんの腸内を整えなければいけません。
そのためには、お母さんは早い段階から乳酸菌を含む食品を積極的に食べたり、乳酸菌のエサになるオリゴ糖を摂ったりしながら、腸内の乳酸菌を増やすように努力していく必要があります。

乳酸菌というと、ヨーグルトを食べなければ!というイメージが強いですが、実はヨーグルト以外にも味噌や納豆・漬物など和食の代表的な食材にも豊富に含まれていることがわかっています。
ですから、毎日の食事の中でこれらをぜひ取り入れていくと良いでしょう。
お母さんが乳酸菌をしっかりと取り入れることは、赤ちゃんの健やかな成長にとても有益です。

コンテンツ

おすすめ

  • 森下仁丹【ビフィーナ】
  • カルピス【アレルケア】
  • カルピス【ビオマイン】
  • フジッコ【善玉菌のチカラ】
  • 久光製薬【乳酸菌(EC-12)】
  • サンミリオン【乳酸菌革命】
  • カイテキオリゴ