画像
画像
画像
画像

便秘に効果的

乳酸菌は整腸作用に優れているということは広く知られていますから、便秘にも効果的だということも誰もが知っていることではないでしょうか。
ではなぜ、乳酸菌は便秘に効果的に働いてくれるのでしょうか?

便秘になっている時、私たちの腸はその動きがとても鈍くなってしまっています。
腸内の乳酸菌はブドウ糖や乳糖を分解すると、乳酸と酢酸を作り出します。この乳酸と酢酸が、実は鈍くなってしまった腸の蠕動運動を活発にしてくれる働きを持っているのです。
そのため、便秘がちで動きの悪い腸がスムーズに動くようになり、便秘が解消されていくというわけです。

更に、乳酸菌は便の水分量を最も最適な80%程度に調節するという働きも行っています。
便秘の時の便の水分量は60%程度になっており、最適な状態と比較すると硬くなってしまっています。
腸の中で硬くなってしまった便はなかなか動かなくなってしまいますので、どうしても便秘がちになってしまうというわけです。
このように便の水分量を調節してくれることも、乳酸菌が便秘を解消してくれるということにつながります。

もしも、ヨーグルトなどを積極的に食べて乳酸菌を取り入れているのになかなか便秘が解消されないという場合には、いくつかの原因が考えられます。

まず1つ目に考えられるのは、乳酸菌が腸内に届く前に胃酸などで死んでしまっているということです。
こうした場合には、プロバイオティクスと表示のあるタイプのヨーグルトなどを取り入れると良いでしょう。

2つ目に考えられるのは、取り入れている乳酸菌が自分に合っていないという可能性です。
乳酸菌には種類があり、その種類ごとに働きが違ってきます。
もちろん同じように便秘に効果的な乳酸菌であっても、人それぞれ合う合わないがありますので、自分に合う乳酸菌を探すことが大切になってきます。

3つ目に考えられるのは食物繊維不足です。
食物繊維は便の材料になるとともに乳酸菌のエサにもなります。ですから、乳酸菌をよりうまく働かせるためには、野菜や果物などをしっかりとって食物繊維を取り入れることも大切です。
野菜が苦手な人や忙しい毎日で食事の時間があまりない人、外食ばかりの人には野菜が不足しています。
そんな人たちは青汁を飲むことをおすすめします。
青汁はもともと野菜を原料にしているので、野菜の栄養分がぎゅっと濃縮されています。
どのような野菜からできているのかはhttp://xn--ecki4eoz9542g88yc.name/にかいてありますが、
どのタイプにも食物繊維が豊富に含まれているのでおいしいと思う青汁を飲み続けるようにしましょう。
こちらに飲みやすさで人気の青汁がいくつか紹介されています。
多くの人においしいと思われている商品なので是非一度試してみてください。