画像
画像
画像
画像

よく目にする耳にする乳酸菌

乳酸菌と一口に言ってもその種類は非常に多く、しかもその働きは乳酸菌ごとに異なります。
そのため、よりよく健康のために活かしていくためには、どの乳酸菌が何に効果があるのかということを知っておくことが大切になってきます。
そこで、日常でよく耳にする代表的な乳酸菌について、その働きをまとめてみます。

まずはビフィズス菌です。
乳酸菌といえばビフィズス菌を思い浮かべるという人も多いくらいにポピュラーなものですが、やはり代表的な働きには整腸作用があります。
そして他にも悪玉菌の繁殖を防いだり、発ガン性物質を排出したりしてくれることが知られています。
母乳にも多く含まれている乳酸菌なので、授乳中の赤ちゃんの腸内にはビフィズス菌がたくさんいると言われていますが、授乳をしなくなると減少傾向になってしまいますので、ヨーグルトなどで補う必要があるといわれています。

また、最近よく目にするものに植物性乳酸菌があります。
植物性乳酸菌を含んだ製品が色々と販売されていますが、醤油や味噌・納豆・漬物などの発酵食品に多く含まれている乳酸菌なので、日本人の食生活の中で自然と取り入れているものでもあります。
植物性乳酸菌の最大の特徴は、生きたまま腸内までしっかりと届くということです。酸に強いので、胃などで死んでしまうということが少ないのです。
そのため、生きたままの乳酸菌を腸内に届けて、腸内の細菌バランスを整えることができるのです。

そんな植物性乳酸菌の中に、ラブレ菌という種類のものがあります。
ラブレ菌は生きたまま腸に届き、しかもそこでの生存率も非常に高いと言われています。
ビフィズス菌を増やすことはもちろん、ナチュラルキラー細胞などの免疫細胞を活性化することも知られているため、免疫力の向上も期待できる乳酸菌です。

乳酸菌はこの他にも非常に多くの種類があります。
自分が乳酸菌に求めているのは整腸作用なのか、免疫力アップなのか美肌なのか、それによっても最適なものが違ってきます。
ですから、まずは乳酸菌のそれぞれの特徴を知って、より効果的に取り入れていくようにすると良いでしょう。

コンテンツ

  • 森下仁丹【ビフィーナ】
  • カルピス【アレルケア】
  • カルピス【ビオマイン】
  • フジッコ【善玉菌のチカラ】
  • 久光製薬【乳酸菌(EC-12)】
  • サンミリオン【乳酸菌革命】
  • カイテキオリゴ