画像
画像
画像
画像

腸内に乳酸菌を届ける

腸内にまで乳酸菌を届けるためには、ただ単に乳酸菌を含む食品を食べるというだけでは不十分です。
乳酸菌の種類によっては胃酸などの酸に非常に弱く、腸に届く前に死んでしまうというものもあるからです。

このように、腸に届く前に死んでしまうような酸に弱いタイプの乳酸菌の場合、乳酸菌の良さである整腸作用などはあまり感じられないでしょう。
乳酸菌は生きたまま腸に届くことで、初めてその効果をしっかりと実感できるようになるからです。

腸内にまで乳酸菌を生きたまま届けるためにまず大切なことは、酸に強い乳酸菌を選ぶということです。
乳酸菌は代謝によって乳酸を作り出す細菌の総称なのですが、その種類は非常にたくさんあります。そのため、種類によってその特徴も違ってくるのです。
中には酸に弱いタイプのものもありますし、逆に酸に強いタイプのものもあります。

酸に強い乳酸菌の代表は植物性乳酸菌です。
和食に欠かせない味噌や醤油や漬物などに含まれているタイプの乳酸菌は植物性乳酸菌ですから、和食中心の食生活を送っていれば実は自然と取りれることができているということもできます。
最近では植物性乳酸菌を利用した乳酸菌の製品もありますから、そうしたものを取り入れるのも良いでしょう。

プロバイオティクスと表記のあるタイプのヨーグルトも、比較的腸にまで乳酸菌が届きやすいタイプです。
最近では乳酸菌のサプリメントも多く販売されていますが、そうしたサプリメントの中には、腸に届くまで乳酸菌が死んでしまわないようにするために、特別なカプセルで乳酸菌を包んでいるようなタイプのものもあります。
こうしたタイプのカプセルであれば、本来は腸に届く前に胃酸などでやられてしまう乳酸菌でも、腸内にまで届いて働くことが期待できます。

乳酸菌は生きたまま腸に届けることが大切になってきますから、食品でもサプリメントでも乳酸菌を摂ろうという場合には、腸にまでしっかりと届くタイプのものを選ぶようにしましょう。

健康食品で漢方薬として有名な高麗人参には発酵高麗人参というものがあり、この発酵高麗人参には乳酸菌が豊富に含まれているそうです。
高麗人参に含まれている成分と効果効能についてはこちらにかいてありますが、健康に良い成分として有名なので発酵高麗人参で乳酸菌を摂ってみてはいかがですか?
また、その他にも健康に良いとされているいくつかの成分と乳酸菌が組み合わさっている商品があります。
例えば、コエンザイムQ10http://xn--eckh6an5s4d.cc/は乳酸菌と同じく体内に必要な成分なので一緒に組み合わせることで病気にかかりにくくなったり、老化防止効果が期待できます。
コエンザイムQ10のサプリメントを購入する際のポイントがこちらにまとまっているので参考にしてください。