画像
画像
画像
画像

乳酸菌を摂りすぎても大丈夫?

健康や美容のために、乳酸菌を積極的に取り入れていきたいという方も多いと思いますが、中には乳酸菌を摂り過ぎることで何か不都合が生じることは無いか?と心配になってしまう方もいるかもしれません。
結論から言うと、乳酸菌の取り過ぎで体調不良などを起こすことはまずないということですから、安心して乳酸菌を取り入れましょう。

母乳で育っている赤ちゃんの腸内細菌は、ほぼ100%がビフィズス菌であるという事実もありますし、乳酸菌が多くなってしまうことで便秘や下痢になってしまうなどの不都合なことが起こるということはまずないようです。
むしろ便秘や下痢などの症状がある時にこそ、乳酸菌を積極的に取り入れて腸内細菌のバランスを整えた方が良いということもあるようですから、乳酸菌の取り過ぎということはまず心配する必要はないでしょう。

もしも体内で過剰になった乳酸菌があれば、それは自然と体外へ排出されるようになっていますから、過剰になった乳酸菌が何か悪さをするとかそういったことにはなりません。

ただし、乳酸菌を含む食品の素材によっては、それだけに偏って取り過ぎると良くないということも考えられます。
例えばキムチも乳酸菌を含む食品の1つですが、トウガラシなど刺激物を含む材料が使われていますので、大量に食べ過ぎるというのはあまり良くないかもしれません。
他にも、乳酸菌を多く含む食品であってもカロリーが非常に高いものなどもありますから、それだけで乳酸菌を取り入れようとするとカロリーの過剰摂取になってしまうということもあります。

乳酸菌をたくさん取り入れたいと思った場合でも、何か1つの食品で取り入れようとするのではなく、様々な食品を組み合わせて色々なものから取り入れるというのが良いのではないでしょうか。
乳酸菌は健康な体を維持するために重要な働きをしてくれる細菌です。
上手に取り入れることで、腸内をより良い状態に整えて健康を保つようにしていきましょう。