画像
画像
画像
画像

乳酸菌は生きた状態で効果がある

乳酸菌は体に良いということがわかっていますが、ただ単に乳酸菌を含む食品を食べるというだけでは、その効果を思うように取り入れるということは難しいといえます。
なぜなら、乳酸菌の力を存分に実感するためには腸内にまで生きたまま乳酸菌が届かなければいけないからです。

乳酸菌はその種類によっては、腸内に届く前に胃酸などの酸で死んでしまうものもあります。
たとえ死んでしまった場合であっても、http://www.skybluenetwork.jp/にもかいてあるように
腸内の善玉菌のエサになることで役立ってくれるという利点はありますが、生きたままの乳酸菌が腸内で働いてくれるほどには違いを実感することは難しいでしょう。

そこで、乳酸菌の働きを実感できるようにするためには、生きたまま腸に届くタイプの乳酸菌を選んで取り入れる必要があります。
ヨーグルトであれば、プロバイオティクスという表記のあるものは腸内までたどりつくことのできる乳酸菌が含まれていますから、そうした表記のあるものを選ぶと良いでしょう。
また、植物性乳酸菌も酸に強いことで知られていますから、腸内までしっかりと届いてくれることでしょう。
L29乳酸菌やL−92乳酸菌という種類が生きたまま腸まで届くといわれていますので、この種類が含まれているものがおすすめです。
ですが、人によって相性があり、この2種類では効果がない人もいますのでいくつかの種類をためしてみることが良いと思います。

日本では乳酸菌を食べ物で取り入れようという方法が一般的ですが、同時に、もともと腸内にいる乳酸菌を育てていこうということも大切です。
これをプレバイオティクスと言います。
どのようにすれば腸内の乳酸菌を育てることができるかというと、乳酸菌のエサになるものを食べれば良いのです。
例えばオリゴ糖ですとか食物繊維などは良いエサになりますので、ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べたり、食物繊維を含むフルーツなどを混ぜて食べるというのも良いのではないでしょうか。

乳酸菌は上手に取り入れることで腸内のバランスを最適な状態に保つことが可能です。
そして、上手に取り入れれば健康と美容に非常に役立てることができるのです。
生きた乳酸菌を腸内にまで届けるプロバイオティクスという方法と、腸内の乳酸菌を育てるプレバイオティクスという方法を併用すると、より効率良く乳酸菌の良さを実感することができます。
乳酸菌が体内に増えると整腸作用があり、便秘が解消されるというのは有名ですよね。
その他にも病原菌を退治しようとするはたらきがあるので風邪など病気にかかりにくくなるとhttp://www.takebackthenews.org/にかいてあります。

コンテンツ

  • 森下仁丹【ビフィーナ】
  • カルピス【アレルケア】
  • カルピス【ビオマイン】
  • フジッコ【善玉菌のチカラ】
  • 久光製薬【乳酸菌(EC-12)】
  • サンミリオン【乳酸菌革命】
  • カイテキオリゴ