画像
画像
画像
画像

体の中で頑張る乳酸菌

乳酸菌は私たちの体の中で、非常に重要な働きをしてくれています。
なんといっても最も大切なのは、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスをちょうど良い具合に調整してくれるという働きです。

善玉菌と悪玉菌のバランスは、善玉菌優勢の時には健康な状態に、悪玉菌優勢の時には体調が悪い状態になってしまいます。
それはなぜかというと、善玉菌が減少することで外からやってくる病原菌に対する抵抗力が弱まってしまいますし、悪玉菌が発生させるアンモニアなどの有毒ガスが体内に回ってしまうからです。
そのため、腸内の細菌バランスを整えておくということは、健康管理という面でとても大切なことになってきます。

また、乳酸菌を取り入れるということは、体の免疫力にも非常に大きく関係してきます。
乳酸菌を取り入れることは、免疫力を高めることにつながります。
免疫力は健康を維持するためには非常に重要なものです。単に風邪をひきづらくなるとかそういうこともありますが、他にもがんの予防ということも免疫と大きな関係があります。

がん細胞自体は健康な人でも毎日必ずできているのですが、健康であれば免疫細胞によってがん細胞が攻撃されますので、がんにまでなっていくことはありません。
しかし、免疫力が低下している状態の場合には、がん細胞がそのまま大きく成長してしまってがんになっていってしまうのです。
ですから、乳酸菌を取り入れて免疫力を高めるということは、がんを予防することにもつながります。

乳酸菌はこのように、体の健康を維持するために重要な役割を担っています。
ですから、毎日の食事などで乳酸菌を含む食品を積極的に取り入れることは、とても大切なことです。

より乳酸菌を効果的に取り入れるためには、プロバイオティクスと表記のあるタイプのヨーグルトを食べたり、植物性乳酸菌を含む味噌や納豆や漬物などを食事に取り入れるというのも良いでしょう。
毎日の食習慣の中に上手に取り入れて、腸内にしっかりと乳酸菌を届けましょう。

コンテンツ

  • 森下仁丹【ビフィーナ】
  • カルピス【アレルケア】
  • カルピス【ビオマイン】
  • フジッコ【善玉菌のチカラ】
  • 久光製薬【乳酸菌(EC-12)】
  • サンミリオン【乳酸菌革命】
  • カイテキオリゴ