画像
画像
画像
画像

意外なものにも乳酸菌が!?

「乳酸菌が含まれている食品は何?」
と聞かれてパッと思いつくものは、ヨーグルトやチーズなどではないでしょうか。
乳酸菌を積極的に摂取しようとすると、どうしても「まずはヨーグルトを!」と思いますよね。
しかし、実は私たちの身の周りにはヨーグルトやチーズ以外にも、乳酸菌を含んだ様々な食材があるのです。

まず日本人の私たちにとても馴染み深いものは、味噌や醤油・納豆・漬物などです。
これらの発酵食品の中には植物性乳酸菌と言って、生きて腸まで届きやすいタイプの乳酸菌がたくさん含まれています。
最近話題のラブレ菌もその一種で、これは「すぐき漬け」という漬物から発見された乳酸菌です。
確かに漬物などの中には、独特の酸味を感じるような味やにおいのあるものがありますよね。
これは乳酸菌によるものです。

日本古来の食べ物ということで言うと、平安時代から琵琶湖地方で食べられてきた鮒寿司もまた、乳酸菌を多く含んでいる食品です。
最近では地元の人でもなかなか食べる機会は多くないかもしれませんが、昔から夏バテや風邪気味の時など、体の調子の良くないときに食べると良いと言われており、元祖健康食品と言っても過言ではありません。
栄養と乳酸菌の豊富な食品で、鮒寿司の乳酸菌を利用したサプリメントなども作られています。

ワインや日本酒などの、乳酸発酵を利用するお酒類にも乳酸菌は含まれています。
おいしく飲んで乳酸菌も摂取できるというのはとても嬉しいですね。

更には、韓国のキムチも乳酸菌を多く含んだ食品の代表です。
ただし、キムチで乳酸菌を摂りたいと思う場合、発酵をさせているタイプのものを選ぶ必要があります。
キムチの中でも日本で多く流通しているものは浅漬けタイプのものが多く、こちらの場合ですとあまり乳酸菌もたくさんは含まれていないようです。
発酵させたタイプのキムチの場合には植物性乳酸菌だけでなく、アミなどを発酵させることで動物性乳酸菌も同時に含まれています。

このように、乳酸菌を含む食品はヨーグルト以外にもたくさんあります。
日常の食生活の中にたくさん取り入れていきましょう。